子供 吃音

一体どうすればいい?子供の吃音と治療法

 

 

 

言葉につまる、同じ言葉を繰り返すなどの症状がある吃音。吃音は大きく二つの種類にわけられます。青年期に発症する、獲得性吃音と幼児期に発症する発達性吃音です。獲得性吃音は脳やストレスが要因で起こるなど、原因がはっきりしています。

 

 

 

ですが発達性吃音は原因がよくわかっていません。子供がかかる吃音、発達性吃音について説明していきます。

 

 

 

 

発達性吃音は主に2~5歳の子供が発症する場合がほとんどです。原因はまだはっきりとわかっていませんが、環境や脳の働き、ストレスが原因ではないかとい言われています。そんな子供の吃音ですが、実は発達性吃音の約70%が治療なしでも自然に治ると言われています。

 

 

 

子供の吃音に気づいても、まずは見守ってあげることが大切です。話している最中に訂正や注意をいれずに、まずは話を最後まで聞いてあげましょう。子供がリラックスして話せる環境を作ることが、一番大切です。

 

 

 

 

子供の頃に発達する吃音は、小学校に上がる前に治療しておくのが理想的と言われています。これは、周囲にからかわれたり、いじめを受けることにより心的ストレスを受けると、吃音が悪化してしまうことがあるからです。

 

 

 

まだ幼児の頃は自分の言葉がつっかえていても自覚をしにくいですが、小学校へ上がるとやはり自覚する子が増えていきます。子供が深刻なストレスを受けてしまう前に、言語聴覚士のいる病院や、児童相談所などで症状を改善させてあげましょう。

 

 

 

 

一般的に吃音の治療方法は二つ種類があります。環境調整法と直接指導法です。環境治療法は、吃音によるどもりに対し、不安や緊張を和らげ自然な発語体験を増やすという治療法です。直接指導法は、円滑に話す見本を見せ、円滑に話すことができるよう指導する治療法です。

 

 

 

 

吃音は幼児期や、症状が軽ければ軽いほど治療しやすいと言われています。ですがそれを超えてしまっても、ちゃんと治療できます。子供の吃音に気づいたら、まずは話しやすい環境づくりをしっかりと行いましょう。また不安なことがあれば病院を受診することをおすすめします。

 

 

 

詳細ホームページ:吃音の治療と原因※確実な克服方法

 

 

吃音の問題の深さを本当に知るのは難しいことです。そしてそれによってストレスを抱えたら自尊心を保つことができない場合があります。それで少しでも吃音に対処するために対策を考えておくことは助けになります。

 

 

 

 

まず自分がどんな時に吃音を発生しやすいかを知っておくのは助けになります。多くの方は、緊張する場面や、初めてのシチュエーションの時に吃音を発生しやすくなります。そのように自分の苦手な分野を知っておくなら、その時には吃音になりやすいということをイメージしておくことができるでしょう。また人によってはある言葉やある単語の頭文字が引っかかってしまうということがあります。

 

 

 

それで、自分が吃音になりやすいのはどの言葉かを確認しておき、会話の最初にその言葉を使用したいと思っているときにはその言葉をほかの言葉に置き換えることもできるでしょう。

 

 

 

 

また吃音は精神的な事柄も関係しているといわれています。それで、できるだけ自信をもって話すようにトレーニングすることができます。誰かに注目されていて、その期待に応えなくてはいけない、自分をよりよく見せたいと思うときに緊張してしまって吃音になってしまいます。

 

 

 

それで自分の実力を客観的に確認し、自分の能力以上のものを発揮しようと無理をするのではなく自然体で他の人と会話することを心がけましょう。その時に助けになるのがボディランゲージです。ふつう、人は緊張せずに、楽しく会話できている時に自然にボディランゲージが出てきます。

 

 

 

ボディランゲージが出てきますと、それによってより一層他の人とのコミニケーションができるようになります。会話の目的はよどみなく話すことではなくて、相手との意思の疎通をすることです。それでボディランゲージのの力を借りるなら吃音に悩まされることなく会話をすることができるでしょう。

 

 

 

その時に自分の苦手てで、吃音になりやすい言葉を把握しておくなら、その時にどのボディランゲージをするかを決めておけます。またボディランゲージを使用することによっていつもよりも自信をもって話すことができ、吃音のほうに注意が向かないというメリットもあります。

続きを読む≫ 2016/10/25 16:39:25

 

 

 

吃音症は緊張してしまうからどもるのではなく、どもるから緊張してしまい、その際に自分は吃音症かもしれないと強く意識してしまうと、かえって症状が悪化してしまう場合もあります。

 

 

 

 

このような不安を抱いてしまい、どもることへの緊張と焦りで精神的に辛い思いをされている方々も多いようです。そこで、自分が本当に吃音症なのか、あるいは吃音症の場合、どのくらいのレベルのものなのかをチェックするようにしましょう。

 

 

 

 

まず、吃音症は大きく軽度、中度、重度に分けることができます。では、軽度のどもりから見ていきましょう。
軽度の特徴としては、たとえば「おはようございます」「ありがとう」「ごめんなさい」といった決まりきった言葉がどもってしまったり、自分が言いにくい言葉を言いやすい言葉として言い換えてしまう傾向があります。

 

 

 

 

また、早口で話すことから人に聞き返されたり、電話の際も話すのが苦手と思うあまり、変な間が空いたり言葉に詰るといったことが見られます。

 

 

 

 

続いて中度のどもりです。中度の場合は自分が言いにくい言葉を軽度よりも頻繁に言い換えてしまったり、家族や気心の知れた友人との会話でもどもりが見られます。また、他人から聞かれた言葉にうまく答えられずに焦ってしまい、言葉がなかなか出なくなってしまうといったことも見られます。

 

 

 

 

最後が重度のどもりです。重度の場合は話をする際、体全体がこわばってしまいます。そして、決った言葉で必ず詰ったり、どもったりといったことが見られます。重度の方々は話をする際、息を吸い込んで一瞬止めてから話したり、話しやすい言葉と話しづらい言葉とを分けて話す傾向があるので、会話自体が非常に疲れてしまうといった特徴があります。

 

 

 

 

このようなことをチェックすることで自分の吃音のレベルがある程度わかるわけですが、自分の言葉を録音して聴いてみると、よりいっそうわかりやすいでしょう。そして、自分の話の吃音の割合が5%以下なら軽度、10%から15%程度なら中度、20%以上なら重度なので、レベルによっては医師に相談されることをお勧めします。

続きを読む≫ 2016/10/25 16:38:25

 

 

吃音という症状は最近徐々に知られるようになりました。他の言い方にするとコミュニケーション障害といい、言葉が流暢に出ずしゃべりにくさを特徴とします。言いたい言葉が頭で分かっていてもなかなか出てこないのです。

 

 

 

それがたとえ挨拶のような簡単な言葉だとしてもです。別に命に関わらないのではと思うかもしれませんが、人とコミュニケーションを取らなくてはいけない環境ではすごくストレスになってしまいます。周りには分からないかもしれませんが、本人は相当辛く悩んでしまいます。

 

 

 

原因は脳が声帯に間違った指令を送ってしまう事で開かないといけない声帯が逆に閉じてしまうためだと言われています。そうなってしまう背景には幼少期のトラウマや厳しいしつけが原因だと言われています。

 

 

 

 

では、自分がもし吃音だと分かったらどのように対処していけばいいかというと、一番は気にしないことです。吃音と意識しないで積極的にコミュニケーションを取り相手の話をしっかりと聞き、自分の言葉でゆっくりと話すようにしてください。

 

 

 

吃音患者は基本的に早口である事が多いそうなので慌てない事が重要です。どもると意識すると余計になってしまうので意識しないで話してみましょう。ですが、もし治療がしたいと思っている人は言語訓練士による訓練を受けるのが望ましいといわれています。

 

 

 

吃音の治療は耳鼻咽喉科、精神科、心療内科を受診するといいです。

 

 

 

 

このように吃音はちょっとした事だと思うかもしれませんが、本人はとても辛いです。真剣に悩んでいるので冗談でもからかったりするのはいけません。相手がゆっくりと落ち着いて話せる環境を作ってあげることが重要です。

 

 

 

周囲の人が心がける事でゆっくりでも話せるようになるので吃音の人がいたら見守ってあげてください。吃音の人もできるだけ気にしないで根気良く話せば絶対に分かるのでちょっとずつでも克服していくようにしましょう。どうしても治したいなら病院にかかるといいでしょう

 

続きを読む≫ 2016/10/25 16:37:25

 

吃音という症状は決して珍しいものではありません。統計によれば人口の1パーセントの人が吃音に悩まされているようです。100人に1人ということですからこの数がいかに多いかが分かるでしょう。

 

 

 

自分が吃音かもしれないと思ったら、また自分の子供が吃音かもしれないと思ったらどのようにチェックすることができるでしょうか?
まず、どもってしまったり、言葉がスムーズに出なかったり、つっかえてしまうことが増えているならそれは吃音の可能性があります。

 

 

 

しかし非吃音者でも時にどもってしまうこともありますので、その回数が多いかどうかということを判断する必要があります。

 

 

 

 

吃音の特徴。
吃音にはいくつかの特徴があります。まず考えるのが、「連発」という症状です。この症状は同じ言葉を何度も発してしまうということです。たとえば「ごちそうさまでした」といいたい場合に、「ご、ご、ご、ごちそうさま」という具合になってしまうのです。最初の言葉は出るものの次の言葉が発音できないために同じ言葉を連発してしまうのです。

 

 

 

 

ほかには「伸発型」です。この症状は不自然にある言葉を伸ばしてしまうというものです。たとえば「楽しかった」と言いたいときに「たーーーの叱った」となってしまいます。意味は通じますが、周りに人は少し聞き取りにくく感じるでしょう。

 

 

 

 

また「無声型」という症状もあり、この症状は最初の言葉さえ出てこなくて詰まってしまうというものです。最初の言葉さえ出れば後はスムーズに話せる場合もあります。この症状で特徴的なのは、発音しにくい語句が人によって異なるということです。

 

 

 

「さ」行が発音しにくいと感じる人もいれば「た」行「ら」行が発音しにくい人も言います。この場合は自分の発音しにくい語句と同じ意味のことがを置き換えて話すことによって改善できます。

 

 

 

 

このように吃音は大きく分けで3つの症状があります。この症状が別々に出るのではなくて、一緒に出ることもあります。

続きを読む≫ 2016/10/25 16:36:25